NEWS2021.5.14

PRP(PFC-FD)療法をはじめました。

PRP(PFC-FD)療法は、
患者さん自身の血液由来の成長因子を
活用する治療法です。

 

 

近年、メジャーリーグの選手などプロスポーツ選手のケガや故障の治療にPRP療法が使用され、
一般の方への関節の痛み・腱、靱帯、筋肉の損傷などに対する治療法としても注目されています。
東あおば整形外科で行うPFC-FD療法は、患者さんご自身の血液を採取してPRPを抽出し、
さらに成長因子を豊富に含むPFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:
血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)に加工したものを患部に注射して自己修復機能を促進し、
痛みの軽減や傷ついた箇所の治癒を目指す治療法です。

当院で行うPFC-FD療法は主に変形性関節症による痛みに有効とされていますが、
筋肉や腱の付着部、靭帯などの痛みにも効果が期待されています。

詳しくは、こちら

診察(初診・再診)とリハビリ(物理療法)をインターネットで予約することが出来ます。
お問い合わせ・ご予約:022-783-1505
Copyright(C) 2020 東あおば整形外科. All Rights Reserved.